英語での対応は依頼できるのか

英語での対応は依頼できるのか グローバル化により海外企業と取引する機会が増えています。そんな国際化の波もいよいよ職人が携わる分野にも押し寄せてきました。伝統的商品を求める海外企業との応対にコールセンター代行を利用する職人も多いです。ではコールセンター代行業者に英語での対応はどこまで期待できるのでしょうか。
代行業者は結論から言って英語での対応は可能です。観光客の増加によるインバウンドにより、それに対応する様に整備されています。また必要な部門でありリターンも見込める為、多くの企業が参入しています。
利用するにあたりどこまで希望するかによって3パターンあります。1つは一次対応レベルです。外出しているので折り返す事や連絡先を伺うまでの対応してくれます。比較的安価で利用でき、これ以上求める場合は費用も相応にかかっていきます。ビジネスで利用する場合は二次対応レベルが必要であり、適切な案内やメッセージの預かり等を対応してくれます。最後のパターンは専門的なやり取りも可能である点です。

需要が増える中国語対応のコールセンター

需要が増える中国語対応のコールセンター コールセンターに連絡してくるお客様は日本人の方だけではありません。外国人の方も多く連絡をされるので、英語や中国語などの対応ができるコールセンターの需要が増えています。
特に中国語に関しては日本に来られている中国人の方が多く、日本で買い物をした商品についての問い合わせが急増しているので、入電数も多くなってきています。もちろん中国人の方でも日本語をお話できる方は居られますが、中国語しか話せない方も居られますので、需要は拡大する一方です。
コールセンターでは様々な言語で対応をする必要があり、その結果によって売上にも繋がりますので、売上を上げるためにも多くの言語に対応してサービスが提供できるコールセンター作りを目指しています。
グローバル化に伴い、昔のようにオペレーターも日本人ばかりではなく、日本語が話せる外国人の方も増えてきているので、対応できる言語は中国を含めて多くの需要が高まってきていると言えます。